ジョイントマット

マンションのリフォームでの施工制限とは

マンション

マンションのリフォームを行う際、下記の点を確認する必要があります。一戸建てのリフォームとは違い、色んな制約が出てきます。

専有部分と共用部分

共同住宅であるマンションでは、一戸建てと違って一つの建物を区分して複数の世帯住んでいます。マンションには専有部分と共用部分があり、リフォームは専有部分に限られ、共用部分は勝手にいじることはできません。どこまでが専有部分なのか、知っておくことが重要です。

管理規約を確認

マンションのリフォームの場合は、まず管理組合の管理規定に目を通しておきましょう。共用部分の範囲や管理組合への届け出方法などリフォームに関する規約が定められています。使ってはいけない素材や材料の搬入方法なども指定されていたりするので、管理規約に違反しない範囲でリフォームのプランを立て、事前に内容を管理組合に届けて、承認を受けるようにしましょう。

電気やガスの容量

マンションでは、電気の契約容量が30アンペア未満の場合があります。リフォームによって、エアコンを増設や床暖房など電気を多く使うものを検討している場合は、マンション全体の電気の容量を電力会社などに確認した方がよいでしょう。場合によっては、容量を増やせないこともあります。