ジョイントマット

リフォームで気をつけるべき点

リフォーム

二世帯住宅のリフォーム

二世帯住宅にリフォームを行う際ポイントは生活パターンをよく考えることです。お年寄りは夜早く寝て、朝早く起きます。そこに夜遅くに活動する夫婦が同居すれば、お互いにストレスを感じることになります。リフォームする際は、共有部分と専有部分の分け方を生活する時間帯を考慮して、明確にしましょう。時間帯別の部屋の利用状況を考えると、必要な部屋が分かってきます。将来的には、自宅での介護も考えた間取りも必要になるかもしれません。お互いの使い勝手を考えて、プランニングを行いましょう。

バリアフリー住宅で気をつけること

まず、誰のためのバリアフリーか、なんのためのバリアフリーかをしっかり考える必要があります。人は高齢になると、身体機能が低下するので、安全を考えれば、玄関、廊下、浴室に手すりを付けること、床や洗面所から浴室への段差をなくすこと、玄関にスロープを設けることを考えるといいでしょう。また、急激な温度変化によるヒートショックを起こさないように、浴室と脱衣所のどちらにも暖房をつけたり、居間からトイレなどへの温度差をなくすために、家の中の温度が均等になるよう断熱工事をすることもバリアフリーと言えます。

オール電化にリフォーム

オール電化のメリットは、ガスを使わないので料金を一本化できる、深夜電力の利用による光熱費の削減、火を使わないので暑さが少なく夏の調理が快適、空気を汚さない、などがあります。デメリットとしては、停電時に各設備が使えない、IH対応の調理器具が必要などです。多少のデメリットはありますが、オール電化の安全性や使いやすさから、人気のあるリフォームです。

ペットを飼うためのリフォーム

ペットと一緒に暮らす際に一番気になるのがやはり汚れやにおいです。清掃のしやすい床にしたり、においを吸い取ってくれる壁材や材料を使用するといいでしょう。また、ペットの健康のことを考えると、硬いフローリングは間接を痛めたりするので、柔らかい床材を使用するのもポイントの一つです。