ジョイントマット

水回りのリフォームで覚えておきたいポイント

風呂リフォーム

水回りはよくリフォームが検討される場所です。覚えておきたいポイントをご紹介しましょう

水回りを快適にしたい

浴室・洗面所・トイレなどは家族が毎日水を使う場所だけに老朽化が目立ちやすい場所です。浴室はシャワーの湯量が物足りなくなったり、掃除するのにカビが発生したり、壁のタイルが古くなって落ちたりと不満がでやすいところです。また、浴室でゆっくりくつろぎたいと、浴室を広くするリフォームは多いのです。高齢になると、脱衣所と浴室の段差が気になったり、浴槽の高さの変更も希望の多いところです。トイレも年をとると便座から立ち上がるのが大変だったり、廊下との段差が気になります。水回りは日に何度も使うので、快適にしたい場所であります。

維持費も考えて計画を

水回りのリフォームは、設備機器などに費用がかかり、お金をかければいくらでもグレードアップができます。なので、どんな空間や機能を求めているのか、維持費も考慮しながら計画を立てることが大切になります。暖房を入れれば電気代が増えますし、浴槽を必要以上に大きくすると水の無駄遣いになってしまいます。

浴室・トイレのリフォームポイント

湿気の多い浴室やトイレは換気がよく、カビが生えにくくするのがポイントです。浴室では小窓が2つ以上あると風通しがよく、カビが生えにくくなります。天上に塩化ビニールでできたバスリブと言われる素材がよく使われるのですが、湿気がこもってカビが生えやすいので、避けた方がよいでしょう。木造住宅でトイレが1階にある場合、土や砂がタイルの土台にふれると、タイルからしみ出た水分で土台が腐りやすくなり、シロアリの被害を受けるケースがあります。タイルの下を空洞にし、空気が流れるようにしたいところです。

システムキッチンを選ぶポイント

女性の方に大変関心が高いのがキッチンです。まず奥様がどんな空間にしたいのか、それが一番重要です。最近は対面式やアイランド型のオープンキッチンが人気があります。調理中でも家族とのコミュニケーションがとりやすく、注目されています。キッチンは使う人の身長に合った高さか、がとても大切です。ショールームで実際に自分の目で見て、手で触れて使ってみましょう。